コンビニキャッシングはプロミスがお得

即日融資が可能な銀行カードローンを比較する

銀行カードローンでも即日融資が可能な銀行が増え、申込をする前にカードローンの比較をして、より自分にてきした銀行カードローンが選べるようになっています。
ただ、即日融資が可能でもそのための条件もあるので、申込前に条件を比較する必要もあります。
「即日融資は申込に必要な書類を用意しておく」
消費者金融でも大手消費者金融でも同じですが、必ず必要になるのが本人確認書類です。
本人確認書類とは、申込者が本人であることの証明をするための書類で、運転免許証や健康保険証、パスポートなどが必要になります。
どの書類でも構いませんが、提出書類によって審査の優劣があるようで、運転免許証なら問題ありませんが、保険証の場合、社会保険証には事業所名や、勤続年数がわかるので、無職のかたでも持っている国民保険証に比べて有利になります。
また、消費者金融のキャッシングは50万円をこえる借入希望額や、他社に借入があるときその合計金額の100万円をこえるときは、収入証明書類(源泉徴収票や納税証明書、直近の給与明細書などが必要になりますが、銀行カードローンは収入証明書類を必要とする場合が違いますので事前に確認を取っておきましょう。
「即日融資の申込方法」
申込方法として、最近はインターネットからの申込が主流になっています。
パソコンや携帯、スマホなどインターネット環境が整っていれば24時間どこからでも申込ができ、審査結果がすぐにでるうえ、仕事中でも休憩時間を利用して申込ができるので人気のある申込方法です。
ただ、即日融資でお金を借りるためには銀行で指定された時間内に契約を終えておく必要があります。
口座振込の場合は、一般銀行を利用するときは銀行の営業時間内に契約を終えておく必要があるので、申込み時間が制限されます。
「即日融資で借りるための条件」
銀行カードローンはインターネットからの申込で即日融資が受けられますが、そのための条件を比較する必要があります。
たとえば、みずほ銀行やセブン銀行、じぶん銀行、ジャパンネット銀行などは事前に口座を持っている必要があります。
また講座は無くても構わないけれど、口座を持っているほうがより使い勝手がよい楽天銀行スーパーローンなどがあります。
すぐにお金が必要になったときは、即日融資で借りるのもひとつの方法ですが、銀行カードローンの中には即日融資ができなけれど、金利や利用中のサービスが充実しているカードローンもあります。
「転ばぬ先の杖」、事前に時間をかけてカードローンを比較し、より自分の環境に適した銀行カードローンで契約することをおすすめします。

コンビニキャッシングはプロミスがお得

キャッシングは申込やお金を借りたり返済する方法にインターネットを利用すれば24時間いつでも利用できる便利な方法があります。

また、インターネット環境が整っていない場合でもカードを使って提携コンビニatmでお金を借りたり返済したりするコンビニキャッシングという方法が用意されています。

銀行口座を利用してキャッシングする場合は、銀行によっては営業時間内に借入や返済をしなければならないのがデメリットと言えます。

コンビニキャッシングのメリットは提携コンビニATMは24時間営業をしているのでいつでも借入れや返済ができ、会社の帰り道や買い物ついでにいつでも利用できます。

しかし、コンビニキャッシングにも申込先によってはデメリットがあります。

それは提携コンビニATMによっては借入や返済をするごとに利用手数料がかかる場合があるということです。

利用手数料は1万円以下は108円、1万円以上は216円が必要になるので、利用回数が多くなるとこの手数料もバカになりません。

そこでオススメなのが三井住友銀行グループの「プロミス」です。

プロミスは大手消費者金融の中でも定評があり、会員サービスとして会員登録をすれば30日間の無利息期間が利用できたり、三井住友銀行またはジャパンネット銀行に口座があれば10秒で振込をしてもらえる「瞬フリ」があります。

カード返済は提携コンビニATMのローソン、ミニストップのLoppi、ファミリーマートのFamiポートが全国どこでも手数料無料で利用できます。

関連記事